【ケロウナ@カナダ】 カナ ダ人が将来 住みたい憧れの町で・・・
ゴルフとワインを楽しみながら・・・
じっくりと人生を見直しませんか


  

   

   

  

  

滝澤のカナダ移住&起業への道のり


 <第231話> 夏のレイクルイーズ

2006年7月。
鹿児島県の私立女子高校の約30名の生徒さんたちを引率して1泊2日の
バンフ小旅行の2日目は、大急ぎで朝食を済ませバスに乗車です。

なにしろバンフからバスでケロウナまで片道8時間かかりますから、
まさに分刻みのスケジュールです。
生徒さんたちはバスの車窓から離れゆくバンフの小さな町並みを名残惜しそうに眺めながら、

「また絶対にここに来たい!」

と口々に叫んでいました。
確かにバンフは世界中の人々を惹きつける魅力溢れる山岳リゾートですから当然です。
しかし、約40分後には生徒さんたちは更に驚きに感動に包まれたのです。

レイクルイーズ

カナディアンロッキーを代表する湖です。
数あるカナディアンロッキーの美しい湖の中で、もっとも有名な湖がこのレイクルイースです。
私もこれまで何度かカナディアンロッキーを訪れ、たくさんの湖を見てきましたが、
モレーンレイクとレイクルイーズが一番キレイだと思います。

カナディアンロッキーの湖は侵食された氷河の微粒子が湖に溶け込み、太陽光に乱反射を起こす
ことにより、湖の色がコバルトブルーなどのパステルカラーに染められる特徴があります。
その色々は実に様々ですが、このレイクルイーズは白乳色に近い色合いで多くの人々とを魅了しています。

高校生たちも例外ではありませんでした。
きっと歓声が湧くだろうな、と思っていたのですが、そんな私の予想を超えるほどの
凄まじい驚きの声が、きゃーきゃーとあちこちから起こりました。
中には我慢できずに湖のほとりまで走り出す生徒も数名いました。

しかし、残念ながら分刻みのスケジュールのため、ここにいられる時間はわずか30分ほど。

湖上に気持ち良さそうに揺られているボートの数は数十隻。
当然、彼女たちの目に入らないわけはありません。

「あのボートに乗りたいです!」

何名かの生徒が私に懇願の目を向けてきました。

「残念! 時間がないからボートには乗れないよ」
「えーーーー! ちょっとだけでもダメですか???」

彼女たちの粘り強い努力も奮闘むなしく私に全て却下されてしまいました。
そしてすぐさまバスに戻らなければならない彼女たちは、文字通り後ろ髪をひかれるかのように
何度も振り返っては初夏の日差しで美しい色合いを出し続けているレイクルイーズを見続けていました。

バス乗車。
10分ほどであらかじめ指定されていたレストランに到着です。
早めの昼食のため、ここでステーキランチをほうばった後、ふたたびバスに乗車し、
一路ケロウナに向かう帰路となりました。

たった1泊2日のカナディアンロッキーの旅でしたが、
間違いなく生徒さんたちに強烈な印象を残す旅になったことは間違いありません。

カナダに住む日本人のひとりとして、このようにカナダの魅力を感じて頂けたということは
素直に嬉しいことです。
今後も、この生徒さんたちのようにたくさんの日本の方々に、できるだけ若い時期に
カナダの魅力に触れてもらいたいと思いつつ、そんなことを考えながらケロウナに戻る
バスの中であれこれと考えるのでした。





 <第232話> ケロウナから鹿児島へ

2006年7月。
鹿児島県の私立女子高校の皆さんが楽しんだケロウナと別れる日がやってきました。
3週間に渡る夏のケロウナを楽しんだわけですが、ひとりひとりに強烈な思い出、経験としてケロウナという街の存在が頭に、心の中に残ったことでしょう。

1週間目は何もかも初めてのことばかりでした。
ホームステイ、学校、毎日通うバスでの通学、英語の授業などなど。
きっとドキドキ、ハラハラの毎日だったはずです。

2週間目に入ると、

「あれ?何かうまくやれそうだ!」

という感覚を得てきたはずです。
積極的な生徒さんはスタバで飲み物を注文したり、学校帰りにショッピングモールに立ち寄るなど、日々の行動範囲を広げていきます。

3週間目になると、すっかり水を得た魚のようにケロウナを楽しみはじめていました。
しかしながら、帰国日は残酷なまでに迫ってきていました。

そしてその帰国日がとうとう訪れたのです。

早朝7時に通い慣れた学校前に集合しました。
生徒さんたちは、それぞれのホストファミリーに車で学校へ送られてきました。
バンクーバーへ向かう大型バスがすでに待機していました。

私はバスの運転手と出発時間、バンクーバーまでの行程、休憩場所の確認などをし、
到着した生徒さんのスーツケースをバスに積み込みはじめました。
その間、別れを惜しむようにそれぞれの生徒さんとホストファミリーが最後の時を迎えていました。

ケロウナのホストファミリーは裕福なご家庭が多いことから、生徒さんたちもとても大事に対応してもらっていたこともあり、すべての生徒さんたちが文字通り カナダのお父さんお母さんと別れを惜しむように、大粒の涙をこぼしていました。

残酷なまでに出発時間は迫ってきます。
すべての生徒さんがバスに乗車すると、無常なまでにバスは動き始めました。
バスの中は大泣きする生徒さんたちの嗚咽で溢れ、かなり異様な光景だったことを今でも思い出します。

夏の快晴のケロウナ。
ダウンタウンからオカナガン湖の橋を渡るとき、両側に青く輝く湖面が見渡せます。

「またケロウナに戻ってきたい!」

あちこちから、似たような声が続々飛び出しました。
その声を残すかのようにバスは順調に、そしてためらいを振り切るかのようにハイウェイに入りました。
ここから約6時間の行程でバスは一路、バンクーバーへ向かったのです。





 <第233話> カナダ最後の夜のバンクーバー

2006年7月。
鹿児島県の私立女子高校の皆さんを乗せたバスは順調にバンクーバーに走り続けました。
途中2度の休憩を取りながら、心配された体調不良に陥る生徒さんもおらず、私は車中で安堵の思いでいっぱいでした。

あと1泊だけだ、、、

生徒さんたちは、この日の夜はバンクーバー市内のホテルに泊まり、翌日のフライトで帰国するスケジュールでした。
文字通り、最終段階に入ったわけです。

7月のカナダの日差しは強く、そして太陽はいつまで経っても姿を消すことはありませんでした。
生徒産たちが宿泊するホテルに到着したのは午後3時頃でした。
それぞれがスーツケースを自分の部屋に運び、身支度を整えた後、再びロビーに集合しました。

高校生たちが危険な目に合うことは絶対に避けなければなりません。
安全で平和に包まれたケロウナと違い、今いる場所はバンクーバーのダウンタウンのど真ん中です。
世界的に治安が良いとされるカナダですが、しかし、全くの無防備なままこの都会の中に
生徒さんたちを放つわけにはいきません。

私はあらかじめ人数分を用意したバンクーバー市内の地図を一人一人に配りました。
ホテルの場所にはすでに赤丸を付けておきました。

まずは全員でホテルからダウンタウンの真ん中に向かって歩き始めました。
先頭を歩くのは私。最後尾には引率の先生。
その間に生徒さんたちが挟まれるように、なんとなく一列になりながらビルとビルに囲まれた
バンクーバーのダウンタウンの中心部に向かったのでした。

ロブソンストリート。
バンクーバーで一番人気がある通りです。
有名ブランドショップやおしゃれなカフェやレストラン、実に様々なお店が通りの両側に連なっています。
ここでもバンフのときと同じように、集合場所を決め、必ず複数で行動することを守らせた上で、自由行動のスタートとなりました。

約3週間のケロウナでのホームステイ、毎日の英語の勉強の成果なのか? 自信なのか?
生徒産たちは一斉に羽ばたくように散らばって行きました。
誰一人として不安そうな表情はありません。
良くも悪くも、海外の地で自信をつけたことは確かなようでした。

私は待ち合わせ場所に指定したスターバックスの外に設置された椅子に座り、この後の夕食のスケジュールを見直しながら、夕食後の時間をどうするか?を思案 していました。




 





 





 





 





 





 





 









Copyrights(c) OGT Canada Enterprise Ltd. All Rights Reserved